子どもと家族を援助する―統合的心理療法のアプローチ

個数:

子どもと家族を援助する―統合的心理療法のアプローチ

  • 提携先に2冊在庫がございます(2018年01月19日 22時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 469p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791106417
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

悩む子どもとその家族を援助する画期的アプローチ。家族システム思考、精神力動的遊戯療法、認知行動療法が統合された心理内力動と家族間力動への介入法。多くの事例が各章にちりばめられ、興味深い記述が満載。

目次

第1章 個人としての子ども―「家族の中の子ども」療法への招待
第2章 親だけとの面接―親の関心事を理解する
第3章 家族との面接を最大限に利用する
第4章 子どもを深く知る―効果的な個人面接のための臨床的指針
第5章 不安、適応様式、防衛機制
第6章 主要な精神力動的概念
第7章 精神力動的フォーミュレーションにもとづく介入
第8章 行動的フォーミュレーションにもとづく介入
第9章 総括―5つの事例

著者紹介

エレン・F.ワクテル[エレンF.ワクテル][Wachtel,Ellen F.]
1967年にハーバード大学法科大学院を修了後、転身して1974年にニューヨーク大学で臨床心理学の博士号を取得した。これまでに、アッカーマン家族療法研究所、ニューヨーク大学、セントルークス・ルーズベルト病院などで臨床指導に当たり、現在ニューヨーク市マンハッタンのグリーンウィッチで個人開業し、家族・夫婦・個人療法に携わる

岩壁茂[イワカベシゲル]
1968年神奈川県横浜市に生まれる。1991年早稲田大学政治経済学部卒業。2000年カナダ・マギル大学大学院カウンセリング心理学科博士課程修了、心理学博士(Ph.D.)。2000年札幌学院大学人文学部専任講師。2004年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科助教授。現在、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科准教授。専門分野は心理療法のプロセス研究(セラピストの困難、心理療法における感情の変化プロセス、心理療法統合、臨床家の職業的成長と訓練)

佐々木千恵[ササキチエ]
横浜出身。慶應義塾大学文学研究科修士課程英米文学専攻修了。現在、英語講師。精神医学等、ノンフィクションの翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)