精神科急性期治療病棟―急性期からリハビリまで

個数:

精神科急性期治療病棟―急性期からリハビリまで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 265p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784791106233
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3047

内容説明

精神科急性期治療病棟の新設から10年が経ち、現在全国で200以上の病棟が認可され、精神科急性期医療を提供している。しかし、それぞれの病棟でどのような入院医療が具体的に提供されているのかについては、不明な点も多い。本書には、これまで前田教室が育み培ってきた経験に基づいた臨床・教育・研究の成果が、詳細に紹介されている。

目次

第1部 総論(精神科治療の段階性および階層性;大学病院における急性期病棟をめぐる諸問題)
第2部 入院治療(久留米大学病院における精神科急性期治療病棟の運営;急性期治療病棟における薬物療法(抗精神病薬を中心に) ほか)
第3部 卒後研修プログラム(精神医学における科学性、知性、倫理性;精神科での卒後研修で求められるもの ほか)
第4部 入院治療以外(デイケアにおける精神科急性期治療病棟との連携;久留米大学精神科外来と急性期病棟 ほか)

著者等紹介

前田久雄[マエダヒサオ]
1942年宮崎県生まれ。1966年九州大学医学部卒業。1978年佐賀医科大学助教授。1988年九州大学医学部助教授。1996年久留米大学医学部教授。2002年久留米大学高次脳疾患研究所長(兼任)。2003年久留米大学病院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。