自閉症と発達障害研究の進歩〈2005(Vol.9)〉特集 転帰

個数:
  • ポイントキャンペーン

自閉症と発達障害研究の進歩〈2005(Vol.9)〉特集 転帰

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 282p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784791105793
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3347

目次

第1部 特集:転帰(展望:自閉症児童の成人期における転帰;幼児期精神病に対する5年から10年の追跡研究2.対人関係および行動の転帰;青年と成人初期の自閉性障害を有する者の行動・言語・対人関係の変化に関する縦断的研究 ほか)
第2部 自閉症と発達障害‐2003(自閉症スペクトラム障害の年少児に認められる脳内の局所的な神経化学的異常;言語およびその他の退行:評価とタイミング;自閉症とその他の精神発達遅滞を有する幼児における模倣行動 ほか)
第3部 自閉症をめぐる現状(当事者の声(9)親として、当事者として
世界の自閉症協会(9)オーストラリアにおける自閉症スペクトラム障害の子どもと成人へのサービス
わが国の自閉症をめぐる状況(9)障害福祉制度改革と自閉症をめぐる現状(3)―脱施設化と自閉症者施設)

著者等紹介

高木隆郎[タカギリュウロウ]
医療法人高木神経科医院、京都
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。