薬物療法における医師‐患者関係―治療効果をいかに高めるか

個数:

薬物療法における医師‐患者関係―治療効果をいかに高めるか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791105328
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C0047

内容説明

本書は、医師‐患者関係を改善することによって、いかに薬物療法の効果を高めることができるかについて論じている。例えば、面接の仕方から、服薬維持を高める治療関係のつくり方、他の治療を併用する場合の留意事項、転移・逆転移の問題まで、豊富な症例を交え、極めて実践的立場から薬物療法のあり方を論じており、今日、薬物療法を行なっている医師にとって必読の書と言ってよい。

目次

第1章 概要と構成
第2章 効果的な治療同盟の形成
第3章 協力関係をつくるために用いる面接
第4章 薬物療法の治療関係で服薬維持をいかに高めるか
第5章 転移と逆転移
第6章 分担治療の管理
第7章 困難な症例の扱い方

著者等紹介

タスマン,アラン[タスマン,アラン][Tasman,Allan]
米国ルイスヴィル大学医学部教授。精神医学教育、精神分析学、認知神経科学の領域の専門家、1999年から2000年にかけてアメリカ精神医学会会長を務める

江畑敬介[エバタケイスケ]
1965年金沢大学医学部卒業。米国にて精神科臨床研修を修了した後、東京都立松沢病院精神科部長、東京都立中部総合精神保健福祉センター所長などを経て、2001年より江畑クリニック院長

佐藤洋子[サトウヨウコ]
1970年上智大学外国語学部英語学科卒業。AP通信東京支社勤務。1979‐2003年上智大学国際関係研究所にて国際学論文集の編集に携わる。その間に翻訳家、通訳として活躍。現職、翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。