みんなで進める精神障害リハビリテーション―日本の5つのベスト・プラクティス

個数:
  • ポイントキャンペーン

みんなで進める精神障害リハビリテーション―日本の5つのベスト・プラクティス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B5判/ページ数 186p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784791104703
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

内容説明

世界心理社会的リハビリテーション学会によって日本の5つの活動がベスト・プラクティスとして選ばれたことを記念し、2000年7月、和歌山、東京でシンポジウムが開催された。本書は、これら5施設の活動報告を中心に、今後の精神障害リハビリテーションのあるべき姿について、様々な立場から表明された思いをそのまま、一冊にまとめたものである。

目次

序章 国際シンポジウムの開催にあたって
第1章 WAPRの「ベスト・プラクティス選考委員会」の活動と日本でのシンポジウムの開催主旨
第2章 世界的に見た精神障害リハビリテーションの現状―当事者・活動内容・サービス体制
第3章 日本の5つのベスト・プラクティス
第4章 和歌山、東京シンポジウムでの指定討論と質疑応答のまとめ
第5章 世界と日本のベスト・プラクティスの比較―日本の精神障害リハビリテーションの発展方向

著者等紹介

東雄司[ヒガシユウジ]
1952年和歌山県立医科大学卒業。1956年同精神神経科助手。1965年カナダ、モントリオール、マックギル大学医学部精神科留学。1966年和歌山県立医科大学神経精神科講師。1967年同助教授。1973年同教授。1994年和歌山県立医科大学退職。名誉教授就任。麦の郷精神障害者地域リハビリテーション研究所所長。2000年10月に永眠される

江畑敬介[エバタケイスケ]
1965年金沢大学医学部卒業。1970年同大学院(精神医学専攻)修了。1971年富山県立中央病院精神科医員。1974~1977年米国留学。1977年東京都立精神医学総合研究所研究員。1983年東京都立松沢病院医長。1989年同部長。1996年東京都立中部総合精神保健福祉センター所長。2001年江畑クリニック院長。現在に至る

伊勢田堯[イセダタカシ]
1968年群馬大学医学部卒業、文部教官を経て1992年東京都立精神保健センター。1988年英国ケンブリッジ・フルボーン病院留学。1995年東京都立中部総合精神保健福祉センター・広報援助課長。1997年東京都立多摩総合精神保健福祉センター・リハビリテーション部長。2001年都立精神保健福祉センター所長。現在に至る

小川一夫[オガワカズオ]
1975年群馬大学医学部卒業。群馬大学医学部精神科。1988年医学博士。1990年英国ケンブリッジ・フルボーン病院留学(1年)。1998年東京都立多摩総合精神保健福祉センター。1999年東京都立中部総合精神保健福祉センター。2001年同センター・リハビリテーション部長。現在に至る

百渓陽三[モモタニヨウゾウ]
1968年和歌山県立医科大学卒業。1970年和歌山県立医科大学神経精神科助手。1987年同講師。1994年ももたにクリニック開院。現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。