「永遠の少年」の娘たち

個数:

「永遠の少年」の娘たち

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791103393
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0011

内容説明

「永遠の少年」とは、ユング心理学で重要視される元型のひとつである。少年らしい可能性や魅力を持っているが、現実と向き合っていく大人になることのできない人間像の元型で、すべての人が心の底には、これをもっている。なかなか面白いセンスをもっていて、何かの加減で急に熱心に新しいことに取り組むのだが、長続きさせてやり抜くことができない。本書には、そのような「永遠の少年」を父親として持った娘が、どのような悩みや苦しみをもって成長してくるかが、具体的に描かれている。十四歳の少女から六十四歳の女性まで、年齢の異なる六人の女性が、「永遠の少年」型の父親を持ったために味わう人生の哀歓がつぶさに述べられる。もちろん、それには悲しみや苦しみが多いのだが、そのような父親のもつ言い難い魅力というものも、うまく記載されている。

目次

序章 本書のなりたち
第1章 久留実(十四歳・中学校二年生)
第2章 百合子(十七歳・高校二年生)
第3章 巣枝(二十一歳・大学三回生)
第4章 花純(三十四歳・主婦)
第5章 茅乃(四十二歳・無職)
第6章 桐子(六十四歳・自営業)
終章 おわりに

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まいこ

2
年齢に不相応な純粋さ、妙な真面目さ、同年代同性とうまくいかないぎくしゃくした感じ、不器用さ。登場する「永遠の少年の娘たち」の生きづらさに共感してしまう。虐待や犯罪やアウトローとは無縁でも、本人が生きるのがいかに大変か。それはきっと「永遠の少年」も同じなのだ。未熟な親、母親に執着した親のもとで育った娘たちは親の課題を背負って生きる。2014/07/20

ᚹγअәc0̸א

1
永遠の少年としての夫に散々苦労させられた妻が、自らの息子を永遠の少年として世代再生産してる業的プロセスが示されてて有難い。 グレートマザー元型との呪詛的相補性が味わい深い。

さくら🌸

0
身の回りにも居るのかしら?2008/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2621

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。