開かれている病棟―三枚橋病院でのこころみ (軽装版)

電子版価格 ¥2,392
  • 電書あり

開かれている病棟―三枚橋病院でのこころみ (軽装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 389p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791100187
  • NDC分類 493.7

目次

第1部 私の考える精神病院の治療的環境(開かれている病棟;外出・外泊の多い病棟;男女がともに生活する病棟;制限・禁止の少ない病棟;患者の立場から設計された病棟)
第2部 私の考える精神病院の治療的活動(あそびの場での治療的活動;働く場での治療的活動;個人の場での治療的活動;集団の場での治療的活動;社会復帰を考える)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YASU

1
精神病院が監獄と同義だった時代にはじめて開放病棟をつくりあげた医師の実践記録.今や伝説的古典である.その存在は知っていたがあらためて読んでみたくなり市立図書館で借りた.書庫の奥から出てきたそれは,あちこちにシミ汚れ破れがあり,この書を読み継ぎ語り継いできた多くの人々の手が目に浮かんだ.石川医師は一昨年亡くなられたという.2022/01/25

ゆうじ

0
とても面白かった2017/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1334268

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。