受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえ

個数:
  • ポイントキャンペーン

受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月19日 10時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790715740
  • NDC分類 369.8
  • Cコード C1036

内容説明

なぜ、日本の受動喫煙対策は遅れているのか?有害なタバコ煙が、多くの人々に深刻な健康被害を及ぼす「受動喫煙」。タバコ規制の国際条約(FCTC)を最初に批准した国のひとつでありながら、受動喫煙対策の「後進国」である日本の現状に警鐘を鳴らし、よりよい社会環境の実現に向けた議論の筋道を示す。

目次

能動喫煙から受動喫煙へ―タバコ対策の新たな時代
第1部 日本の受動喫煙被害の実態(受動喫煙に対する認識の遅れ―「後進国」としての日本;受動喫煙をめぐる多様な社会環境―日常空間で遭遇する健康被害;労働環境にみる受動喫煙症患者の苦難―守られない従業員の健康)
第2部 日本のタバコ広告の深層(商品広告にみるタバコと「男らしさ」―「ホープ」を事例に;マナー広告にみるタバコのススメ―「大人たばこ養成講座」を事例に)
第3部 日本の受動喫煙対策のポリティクス(公共空間におけるタバコ産業の分煙戦略―喫煙スペースの生産;受動喫煙防止条例へのタバコ産業の抵抗―公共空間をめぐる攻防)
受動喫煙のない社会環境に向けて―「先進国」のための条件

著者等紹介

村田陽平[ムラタヨウヘイ]
2005年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。2011年京都大学白眉研究者(第2期)。日本学術振興会特別研究員、京都大学次世代研究者育成センター助教を経て、現在、近畿大学文芸学部専任講師。日本地理学会賞奨励賞(2004年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。