『鉄腕アトム』の時代―映像産業の攻防

個数:

『鉄腕アトム』の時代―映像産業の攻防

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 07時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 275p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790713906
  • NDC分類 699
  • Cコード C1036

内容説明

『鉄腕アトム』が拓いた映像の新時代。勃興するテレビ放送産業、暗転する映画産業、転換を図るアニメーション産業。斬新な視点で綴る1960年代の映像産業史。

目次

第1章 テレビ放送産業の勃興
第2章 「映画」表記の消滅
第3章 テレビ映画とアニメーションの国産化
第4章 映画産業の暗転
第5章 テレビ放送の敵視と参入
第6章 ハリウッドとテレビ放送
第7章 黄昏からの再生
第8章 アニメーション産業の形成
第9章 『鉄腕アトム』の遺産

著者等紹介

古田尚輝[フルタヒサテル]
1943年福井市生まれ。1966年東京大学法学部卒業。同年NHKに入局。1970~71年フランス・グルノーブル大学留学。『ニュースセンター9時』『NHK特集』などの制作を経て、編集室長として『20世紀放送史』(日本放送出版協会)の編纂・執筆にあたる。2003年より成城大学文芸学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

富士さん

0
アニメ史として読んだので、直接アニメに関係する内容が少なく、TCJに触れられたところ以外は特段新しい情報はないという印象です。しかし、知られた資料の組み合わせ方やインタヴューによる裏取りはとても勉強になり、事実関係が要領よくまとめられているので役に立ついい仕事だと思います。時代背景が分かってアニメ史を深く理解できるようにはなりますが、アニメを語るにはここまで細かく記述する必要はないように思います。タイトルにもかかわらず大半が日米の映画とテレビの歴史の記述に当てられており、ちょっとミスリードかなと思います。2013/08/08

星規夫

0
映像産業史。放送用アニメーションの濫造と低い制作費という特徴は黎明期から相変わらずであったという事は既に聞き及んでいたが、かつての邦画界も同様の事態に見舞われていたらしく、とても興味深い。2013/01/14

メルセ・ひすい

0
テレビ放送データー誌 日本初の本格的シリーズ・テレビ・アニメ「鉄腕アトム」の登場をひとつの時代の区切りとして、1960年代前半までの日本のテレビ放送産業の発展過程を、ほかの映像産業との関連を通して綴った映像産業史。  2009/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/305244

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。