飛躍するドイツの再生可能エネルギー―地球温暖化防止と持続可能社会構築をめざして

個数:

飛躍するドイツの再生可能エネルギー―地球温暖化防止と持続可能社会構築をめざして

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784790713463
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C1040

内容説明

積極的な再生可能エネルギー普及策を実施し、飛躍的成果を挙げるドイツ。市民の取り組み、それを推進・支援する国・自治体の政策、企業の活動を紹介し、持続可能な明るい未来を切り拓く。

目次

第1章 ドイツの再生可能エネルギー普及政策
第2章 急伸するドイツの再生可能エネルギー
第3章 世界をリードするドイツの風力発電普及
第4章 世界トップに躍り出た太陽光発電
第5章 再生可能エネルギーで最大利用されているバイオマス
第6章 多様な再生可能エネルギー普及の取り組み
第7章 再生可能エネルギー普及を支える行政と産業
第8章 ドイツにみられる再生可能エネルギー普及の効果
第9章 持続可能な未来に向かって―新たな地球温暖化防止・再生可能エネルギー普及政策の展開

著者等紹介

和田武[ワダタケシ]
1941年和歌山市生まれ。京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、住友化学工業(株)中央研究所、大阪経済法科大学、愛知大学を経て、1996年より立命館大学産業社会学部・教授、2006年より同・特別招聘教授、2008年退職。現在、地球環境保全研究所主宰、自然エネルギー市民の会代表。工学博士。専門は、環境保全論・資源エネルギー論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

抹茶太郎

1
授業の課題図書として読みました。ドイツの再生可能エネルギー事情について紹介している本です。環境税を財源として電力買取補償制度を制定し、それによって促進される市民主体の再生可能エネルギー事業と、それに伴う環境面、経済面の好影響を述べています。日本の環境保護制度において見習う点は多く、これらを取り入れるべきというのが著者の意見です。2008年刊行の本なので情報は古いですが、海外で環境保護制度を知る上では読みやすく良い一冊だと思います。2015/12/01

おごたつ

0
少しデータが古いけどなんとかゼミの発表を終えれた。(*´ー`)2014/06/12

Yuki.Ogawa

0
前半でドイツの再生可能エネルギー関連政策についてマクロに概観し、後半は筆者が足を運んだ個々の事例を紹介する。ドイツの再生可能エネルギー拡大が地域の共同体や一般の市民によって支えられてきたことがかいまみられる。事例紹介はエッセイ調、とでもいったおもむきだし、筆者が再生可能エネルギーありきの偏った姿勢だけれども読んで損はしなかった。日本のこれからにもいろいろと示唆を与えてくれそうだけど、果たしてどうなることやら……。2011/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/215852

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。