海を生きる技術と知識の民族誌―マダガスカル漁撈社会の生態人類学

個数:
  • ポイントキャンペーン

海を生きる技術と知識の民族誌―マダガスカル漁撈社会の生態人類学

  • 飯田 卓【著】
  • 価格 ¥5,060(本体¥4,600)
  • 世界思想社(2008/03発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 92pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月02日 19時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 348p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784790713265
  • NDC分類 384.36
  • Cコード C3039

内容説明

海を隣人とみなし、海の表情を読み解き、海のポテンシャルを知悉して、次つぎと漁法を編みだす漁民たち。その暮らしの成り立ちをあらゆる角度から克明に描きだし、自然との対峙を問題化した海の民族誌。

目次

序章 漁民文化の潜在力
第1章 世界市場に門戸を開いたサンゴ礁
第2章 海を生きる人びと、ヴェズ
第3章 海のなりわい:アンパシラヴァ村の漁撈
第4章 陸のなりわい:生業戦略の村落間比較
第5章 信頼される海
第6章 過信される海
終章 グローバル化のなかの自然

著者等紹介

飯田卓[イイダタク]
1969年大阪府生まれ。国立民族学博物館助教、博士(人間・環境学)。マダガスカルや日本をはじめとする各地の漁村で生態人類学的調査を実施。グローバル化における地域的自然や、高度情報化における実地体験の意義について研究を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

漁村における暮らしの成り立ちを丁寧に記述しながら、漁民と海との関わりを示すことで、漁民文化の潜在力を克明に描く、海の民族誌。