Sekaishiso seminar
男らしさの社会学―揺らぐ男のライフコース

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790711919
  • NDC分類 367
  • Cコード C1336

内容説明

家族のため?会社のため?国家のため?あるいは自分のため?―男たちが生きる意味が揺らいでいる今、少年時代から定年後までの各段階を追い、不確かな人生を着実に捉え直す。

目次

第1章 「男」をどう見るか?―男性学の視点と方法
第2章 学校でつくられる男らしさ―学業・スポーツ・生徒集団
第3章 大人の男への道筋―青年期男性のアイデンティティ形成と葛藤
第4章 大人になれない男たち―ポスト青年期のジェンダー関係
第5章 企業社会と男らしさ―能力主義の台頭と男性支配体制の再編
第6章 仕事と育児のはざまで―性別役割分業の揺らぎと父親の葛藤
第7章 第二の人生への軟着陸―中高年男性の危機とその克服
第8章 男社会のゆくえ―男性運動の変遷とこれから

著者等紹介

多賀太[タガフトシ]
1968年愛媛県生まれ。九州大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。九州大学教育学部助手、日本学術振興会特別研究員、久留米大学文学部講師を経て、久留米大学文学部助教授、博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。