現代短歌文庫<br> 奥村晃作歌集

個数:

現代短歌文庫
奥村晃作歌集

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 155p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790407874
  • Cコード C0092

目次

『鴇色の足』(全篇)
自撰歌集(『三齢幼虫』より;『鬱と空』より;『父さんのうた』より;『蟻ん子とガリバー』より;『都市空間』より;『男の眼』より;『ピシリと決まる』より;『キケンの水位』より)
歌論・エッセイ

著者等紹介

奥村晃作[オクムラコウサク]
昭和11(1936)年、長野県飯田市に生まれる。昭和37年東京大学経済学部を卒業し、三井物産に入社するも、2年程で止め、のち芝学園に社会科教諭として勤務。在学中に「コスモス」に入会し、宮柊二に師事。「コスモス」の活動と平行して絶えず作品発表の場を作りつつ今日に至っている。「紫蘇の実会」「グループ・ケイオス」「群青」「歌学」「桟橋」「江戸時代和歌」等々。最近では電脳版個人誌としてホームページ「奥村晃作短歌ワールド」を運営し、リアルタイムの作品発表を行っている。いくつかの短歌教室の講師をしている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。