マイコン活用シリーズ
マイコンの1線2線3線インターフェース活用入門―PICとH8で具体的な1‐Wire、SPI、I2Cプログラミングを行う

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 327p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784789842082
  • NDC分類 548.2
  • Cコード C3055

目次

1、2、3線シリアル・インターフェースの基本
I2C/SPI/1‐Wireの各実験環境の準備
実験で使用するPICを搭載したマイコン・ボードの製作
実験で使用するH8を搭載したマイコン・ボードの製作
ソフトウェア制御によるI2Cマスタ(PIC/H8)
ハードウェア制御によるI2Cマスタ(PIC)
ハードウェア制御によるI2Cスレーブ(PIC)
ソフトウェア制御によるI2Cスレーブ(PIC/H8)
ハードウェア制御によるI2Cマスタ(H8)
ハードウェア制御によるI2Cスレーブ(H8)
ハードウェア制御によるSPIマスタ/スレーブ(PIC)
ソフトウェア制御によるSPIマスタ/スレーブ(PIC/H8)
ソフトウェア制御による1-Wireマスタ(PIC/H8)
PIC言語による制御
I2C/SPIによる7セグメントLED数値表示器
ディスクリート・パーツでディジタルI/Oボード(SPI-DIO)を製作
I2Cデバイスを応用した温度ロガーの製作
DS2751を使った評価用バッテリ・モニタと充/放電器の製作

著者等紹介

中尾司[ナカオツカサ]
1964年生まれ。1988年熊本工業大学卒業。学校教材、畜産関係の温度コントローラや遊園地の赤外線通信応用の仕掛け制御機器など、特注機器の設計、製造なども手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。