トランジスタ技術special<br> OPアンプによる実用回路設計―アナログ基本デバイスの実践的な使い方を実験解説

個数:

トランジスタ技術special
OPアンプによる実用回路設計―アナログ基本デバイスの実践的な使い方を実験解説

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月19日 17時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 319p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784789837484
  • NDC分類 549.34
  • Cコード C3055

内容説明

アナログ回路を理解するには、回路の概念を理解し、回路動作を定性的に理解することが必要です。定性的な理解ができたら、次は、式を立てて定量的に理解します。本書では、アナログ回路の基礎を先ず概念的に説明し、実験によって理解していきます。

目次

第1部 基礎知識編―OPアンプの基礎知識(プロローグ―OPアンプ活用法をマスタするために;OPアンプのあらまし―実用的なアナログ回路設計の第1歩;OPアンプの基礎知識―使うまえに知っておきたい常識 ほか)
第2部 使い方編―OPアンプの性能を100%引き出すテクニック(ダイナミック・レンジを確保する―電源電圧を有効に使って;負帰還をかけて使う―安定な動作特性を得るために;出力オフセット電圧の低減―負帰還では改善できない直流誤差の処理 ほか)
第3部 応用回路編(差動増幅回路の設計―ノイズの海の中から信号を救い出す;定電流回路と基準電圧回路―正確な電流と電圧を作るこつ;電圧‐電流変換回路―電圧と電流は相互に変換できる ほか)