ツール活用シリーズ
電子回路シミュレータSPICE実践編―フィルタの定数設計から伝送線路解析まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784789836296
  • NDC分類 549.3
  • Cコード C3055

内容説明

本書は、定番シミュレータPSpiceのインストールと基本機能の操作方法を解説した姉妹書「電子回路シミュレータPSpice入門編」に続く第2弾。電源回路やOPアンプによるアクティブ・フィルタなど、設計に回路シミュレータを活かす事例を集大成した。付属CD‐ROMには、本書で実際にシミュレーション解析した回路のデータ・ファイルを収録している。

目次

SPICEの歴史と設計に生かす方法
パッシブ・フィルタ設計への応用―コンデンサとコイルを使って希望の周波数特性を実現する
アクティブ・フィルタ設計への応用―LPF/HPF/BPF/FDNRフィルタの作り方
整流回路設計への応用―コンデンサ入力型からチョーク入力型まで
伝送回路設計への応用―高速ディジタル信号のさまざまな応答を見てみよう
負帰還回路設計の基礎―負帰還のしくみを理解して位相補償の方法を学ぶ
トランジスタ・アンプの位相補償テクニック―シンプルなオーディオ用のパワー・アンプ回路に学ぶ
PLL回路設計への応用―心臓部「ループ・フィルタ」の設計にSPICEを活用しよう!
評価版PSpice用OPアンプ・モデルのふるまいと性能―EVAL/TORAGIライブラリのOPアンプを正しく使いこなそう
メーカ製OPアンプ・マクロモデルの研究と作成―メーカ製OPアンプ・モデルの研究とオリジナル・モデルの作成
PSpiceのトランス・モデルの使い方―トランスを利用した計測回路や電源整流回路の設計に使える
メーカ製半導体モデルの利用方法―インターネット上にあるSPICEモデルのダウンロードとPSpiceでの応用事例

著者等紹介

遠坂俊昭[エンザカトシアキ]
1949年群馬県生まれ。1966年アマチュア無線局JA1WVFを前橋にて開局。1973年(株)三工社に入社。1977年(株)エヌエフ回路設計ブロックに入社、現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。