平常心―なにがあっても折れないこころの育て方

個数:

平常心―なにがあっても折れないこころの育て方

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年07月30日 20時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788911437
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0011

出版社内容情報

ストレスの多い現代人に、何があってもココロが乱されなくなる平常心を保つ秘訣を、精神医学の権威がやさしく解説。

内容説明

「がんばろう」を禁句にしてみる。「忘れる力」があなたを強くする。「負ける」練習をしてみる。「失敗」は「積み重ね」と言い換える。「~しなければならない」は全部やめてみる。「いやなこと」からは逃げていい。

目次

第1章 「ここぞ!」というシーンで実力を発揮する法
第2章 「負の心」を引きずらない「切り替え」の法則
第3章 ストレスから上手に逃げるコツ
第4章 緊張との上手なつき合い方
第5章 なにがあっても心が折れない平常心の育て方
第6章 なにがあっても動じない「平常心」の保ち方
第7章 人生は「いいかげん」でちょうどいい

著者等紹介

保坂隆[ホサカタカシ]
1952年山梨県生まれ。聖路加国際病院リエゾンセンター長・精神腫瘍科部長、聖路加国際大学臨床教授。慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科入局。1990年より2年間、米国カリフォルニア大学へ留学。東海大学医学部教授(精神医学)を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。