豚インフルエンザ事件と政策決断―1976起きなかった大流行

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 439p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788709690
  • NDC分類 493.87
  • Cコード C0047

内容説明

1976年、合衆国政府は、豚インフルエンザと呼ばれる新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)の脅威から国民を守るために、全国民を対象とする前代末聞の大規模ワクチン接種事業に着手した。接種を受けた者、10週間で4,000万人超。その点では、まずは成功だった。だが半面、論議の沸騰、計画からの遅れ、行政上のトラブル、法的紛糾、予想外の副反応の出現といった出来事が相次いだこともあり、これには、公衆衛生当局に対する国民の信頼を急速に失墜させてしまったとの評価もある。そして何より予想していた脅威は、やって来なかった。本書は、当代きっての2人のハーバードの学者によって著された、公的政策の意思決定における、明瞭で具体的な教訓に満ちた、行政や政治にかかわる人たちやこれからその道に進もうとする人たちにとって絶好の事例研究の書である。

目次

第1部 オリジナル・レポート(インフルエンザ新種出現;センサーの決意;クーパーの支持;フォード大統領の決断;組織立ち上げ;野外試験;法的責任問題;立法措置;開始、そして中止;カリファノ登場;遺産;教訓を踏まえて;専門的あとがき)
第2部 豚インフルエンザの後に、そして将来に向けて(その後の展開;教訓の使いみち―授業の題材として;長官からの請負としての論評)

著者等紹介

ニュースタット,リチャード・E.[ニュースタット,リチャードE.][Neustadt,Richard E.]
ハーバード大学J.F.ケネディ行政大学院の行政学のLucius N.Littauer Professorであり、また、あのAlliance PoliticsやPresidential Powerの著者としても有名である。彼は、トルーマン大統領時代、大統領補佐官の1人として働き、さらにはケネディ大統領およびジョンソン大統領時代にも大統領顧問として政策決定にかかわっている

ファインバーグ,ハーヴェイ・V.[ファインバーグ,ハーヴェイV.][Fineberg,Harvey V.]
ハーバード大学医学部でMDの学位を取得し、さらに同大学ケネディ行政大学院でニュースタット教授に学び、公共政策学で修士の学位も取得している。彼は、長年ハーバード大学公衆衛生学部で教鞭をとっており、保健関連政策・行政学の大学院課程の主任教授の地位にあり、さらには米国科学アカデミー医学研究所のメンバーでもある。彼は、現在でも定期的に臨床医学の現場に立ち、マサチューセッツ州公衆衛生委員会のメンバーでもある

西村秀一[ニシムラヒデカズ]
1955年山形県生まれ。1984年山形大学医学部医学科卒業、医学博士。山形大学医学部細菌学教室(現感染症学教室)助手を経て、1994年4月から米国National Research Councilのフェローとして米国ジョージア州アトランタにあるCenters for Disease Control and Prevention(CDC)のインフルエンザ部門に留学、その後同部門の客員研究員。1996年12月に帰国。国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)ウイルス一部主任研究官を経て2000年4月より国立仙台病院(現国立病院機構仙台医療センター)臨床研究部病因研究室長、ウイルスセンター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

2
12-80 ★5  ◎新型インフルエンザという表現は× 正しくは新亜型インフルエンザ である。new typeは× で ゛novel influenza゛が正しいのだ! ・当代きっての2人のハーバード大のPh.D.によって著された、公的政策の意思決定がいかにあるべきか、明瞭で具体的な教訓に満ちた、行政や政治に関わる人たちやこれからその道に進もうとする人たちにとって絶好の事例研究の書。この種の事例に際して最も働くべきは?? 大統領? それとも議会? 公衆衛生官僚トップ? 科学者学会・医師会? 製薬業界?2010/01/13

メルセ・ひすい

2
12-80 ★5  学生・政治家にとり、読んでないとパンデミックに対応できない無能者に!必読書 接種を受けた者、10週間で4000万人超。その点では、まずは成功だった。だが・・半面、議論の沸騰、計画のおくれ、行政上のトラブル、法的紛糾、予想外の副反応の出現・・・!  専門家はいかに判断し、政策者は何を決断すべきか。1976年に米国のフォード政権下で起きた「豚インフルエンザ事件」について、行政内部の意思決定の過程を詳細に検証し、将来への教訓を示す。2010/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/272826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。