パーソナリティと個人差の心理学・再入門―ブレークスルーを生んだ14の研究

個数:

パーソナリティと個人差の心理学・再入門―ブレークスルーを生んだ14の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 21時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788517233
  • NDC分類 141.93
  • Cコード C1011

内容説明

パーソナリティと個人差の心理学は、遺伝学や神経生理学の知見を加え膨大で多様になっている。この領域を発展させた革新的な14の研究を取り上げ、その背景と理論・方法の詳細、結果、影響、批判について懇切に解説。入門者のみならず研究者も今一度立ち止まって学び直すために。

目次

はじめに―パーソナリティと個人差に関する古典的研究の再検討
パーソナリティ次元を評価し、数えあげる―ウェッブ(1915)の研究・再入門
特性名の分類―オルポートとオドバート(1936)の研究・再入門
特性名の因子分析―キャッテル(1943)の研究・再入門
パーソナリティと精神病理学の次元モデル―アイゼンク(1944)の研究・再入門
5つの、頑健で繰り返し見いだされるパーソナリティ因子―テュペスとクリスタル(1961)の研究・再入門
特性理論への挑戦―ミシェル(1968)の研究・再入門
罰と報酬への感受性―グレイ(1970)の研究・再入門
自己決定理論と内発的動機づけにおける報酬の影響―デシ(1971)の研究・再入門
行動への遺伝的影響―ブシャール他(1990)の研究・再入門
パーソナリティの進化―バス(1991)の研究・再入門
パーソナリティ、健康、そして死―フリードマン他(1993)の研究・再入門
パーソナリティの現実的な評定―ファンダー(1995)の研究・再入門
密度分布としてのパーソナリティ―フリーソン(2001)の研究・再入門
パーソナリティのダークサイド―ポールハスとウィリアムズ(2002)の研究・再入門

著者等紹介

コー,フィリップ・J.[コー,フィリップJ.] [Corr,Philip J.]
ロンドン大学シティ校心理学コースの教授、前イースト・アングリア大学およびスワンジー大学教授。主な研究関心は個人差、特にパーソナリティ因子とそのプロセスで、強化感受性理論(Reinforcement Sensitivity Theory:RST)の研究で最もよく知られている

中村菜々子[ナカムラナナコ]
早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程単位取得退学。博士(人間科学、医学)。現在、中央大学文学部教授。主な研究領域は、臨床心理学、健康心理学、行動医学(ストレス・マネジメント、援助要請、慢性疾患患者の行動変容)

古谷嘉一郎[フルタニカイチロウ]
広島大学大学院生物圏科学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。現在、北海学園大学経営学部准教授。主な研究領域は、社会心理学、臨床社会心理学(子育てバーンアウトの生起メカニズム、完全主義、ソーシャル・サポート)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
パーソナリティ次元を評価し数えあげる─ウェッブ 特性名の分類─オルポート 特性名の因子分析─キャッテル パーソナリティと精神病理学の次元モデル─アイゼンク パーソナリティ因子─テュペスとクリスタル 特性理論への挑戦─ミシェル 罰と報酬への感受性─グレイ 報酬の影響─デシ 行動への遺伝的影響─ブシャール他  パーソナリティの進化─バス パーソナリティ、健康、死─フリードマン他 パーソナリティの現実的評定─ファンダー 密度分布・パーソナリティ─フリーソン パーソナリティのダークサイド─ポールハスとウィリアムズ2021/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17729499

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。