私とパーソンセンタード・アプローチ

個数:

私とパーソンセンタード・アプローチ

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2019年06月26日 09時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788516380
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

パーソンセンタード・アプローチ(PCA)は、心理臨床家・教育者としての実践や自己実現にどう生きたのか。15人のPCAの実践者がその歩みを振り返りつつ、苦労や喜び、葛藤、印象深い想い出、現在の心境、将来の展望を自在に語り、効率主義の蔓延する現代社会におけるPCAの今日的意義を問う。

目次

クライエント中心療法がわかるまでの私的軌跡(飯長喜一郎)
共感、感情移入、自己投入(小林孝雄)
かかわる・つなぐ・ゆだねる―PCAのなす「対話」(坂中正義)
来談者中心療法から多面的アプローチ、そしてフォーカシングへ(伊藤研一)
「パーソン中心」を求めて(堀尾直美)
傾聴(リスニング)について(大澤美枝子)
私なりのパーソンセンタード・カウンセリングへの道(吉原啓)
パーソンセンタード・カウンセリングの可能性(三國牧子)
パーソンセンタード表現アートセラピーと私(小野京子)
日舞、パーソンセンタード・アプローチ、アサーションとの出会い(園田雅代)
セラピストのスタンスの研究からナラティヴ・プラクティスへ(無藤清子)
共感的理解によるクライアント中心療法の定式化をめぐって(岡村達也)
パーソンセンタード・アプローチとオープンダイアローグ(本山智敬)
パーソンセンタード・セラピストという自覚(中田行重)
私のパーソンセンタード・アプローチの未来像を求めて(村山正治)

著者等紹介

飯長喜一郎[イイナガキイチロウ]
東京大学教育学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。臨床心理士。お茶の水女子大学家政学部教授、日本女子大学人間社会学部教授などを経て、国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科臨床心理学専攻特任教授

園田雅代[ソノダマサヨ]
東京大学教育学部卒業。東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻修士課程修了。臨床心理士、公認心理師。玉川大学文学部助手、講師、助教授、創価大学准教授などを経て、創価大学大学院臨床心理専修課程教授、創価大学心理教育相談室室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。