ワードマップ<br> 授業研究―実践を変え、理論を革新する

個数:

ワードマップ
授業研究―実践を変え、理論を革新する

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2019年06月26日 08時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788516311
  • NDC分類 375.1
  • Cコード C1037

内容説明

授業の実践記録、授業参観でのフィールドノーツ、参観記録とそれらを共有する多層的な省察に支えられた、従来の実践を変える新しい授業研究のすすめ。基本となる理論と、授業の見方から、記録の書き方、授業研究会の組織・運営・内容まで、その実際と勘所を懇切に解説。小中高の実践記録・参観記録の事例付。

目次

1 授業研究とは何か?(授業研究の誕生と成長―実践と理論の間で;教師を育てる―専門職として成長するために ほか)
2 授業を見て記録する(授業の見方―一つの型はない;視点の自覚―スコープ・フォーカス・レンズ・スタンス ほか)
3 授業研究会を組織する(発想と調整―コーディネーターとしての想いと動き;企画―「まな板の鯉」からの卒業 ほか)
4 授業研究の実際(小学校編「鯖江のめがね産業は、何に力を入れていくと発展していくか」;中学校編「感じたことを英語で表現しよう―写真家・星野道夫の世界より」 ほか)