叢書セミオトポス<br> 「美少女」の記号論―アンリアルな存在のリアリティ

個数:

叢書セミオトポス
「美少女」の記号論―アンリアルな存在のリアリティ

  • ウェブストアに25冊在庫がございます。(2017年11月23日 09時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784788515352
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C1010

内容説明

私たちの周りは今や「美少女」のイメージであふれている。実在の「美人」よりも、ヴァーチャルな「美少女」に惹かれるのはなぜか?美少女はどこから来て、私たちをどこへ連れて行こうとしているのか?この不可思議で誘惑的な記号現象を、多面的に読み解く。

目次

1部 「美少女」という記号(帝国の美少女;美少女の存在論 ほか)
2部 一年後の「美少女」談義(鼎談 一年後の美少女)
3部 描かれる「美少女」(美少女と美術・美術史)
4部 ご当地アイドルとは?―「pramo」を迎えて(pramoミニライブ後のトーク;最終討論)
5部 記号論の諸相(「触れる」ことと「着る」こと―G・G・ド・クレランボーからの一考察;パースの合成写真の比喩と現代の自己概念 ほか)
特別付録 『有毒女子通信』第十六号特集「美少女を捕獲する」