触発するゴフマン―やりとりの秩序の社会学

個数:
  • ポイントキャンペーン

触発するゴフマン―やりとりの秩序の社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月26日 21時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788514317
  • NDC分類 361.253
  • Cコード C3036

内容説明

ビジネス・看護などの新たな調査の増加とともに再注目されるゴフマン。これからの経験的な研究のためには、どのような実用性が見いだせるのか。人類学者や言語学者も参加したゴフマンを「使う」ための一冊。

目次

第1章 アーヴィング・ゴフマンの社会学―理論内在的分析と現代的展開
第2章 ゴフマネスク・エスノグラフィー
第3章 自己に生まれてくる隙間―ゴフマン理論から読み解く自己の構成
第4章 「他者の性別がわかる」という、もうひとつの相互行為秩序―FtXの生きづらさに焦点を当てて
第5章 会話分析の「トピック」としてのゴフマン社会学
第6章 フレーム分析はどこまで実用的か
第7章 引用発話・再演・リハーサル―フレームの複合性と経験の自在性
第8章 「ふつうの外見」と監視社会
第9章 修理屋モデル=医学モデルへのハマらなさこそが極限状況を招く―アイデンティティの機能的差異をも論じたゴフマン
第10章 ゴフマンと言語研究―ポライトネスをめぐって
第11章 ゴフマンのクラフトワーク―その言語人類学における遺産

著者等紹介

中河伸俊[ナカガワノブトシ]
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。現在、関西大学総合情報学部教授、大阪府立大学名誉教授。専門は社会問題の社会学、文化社会学、社会学理論

渡辺克典[ワタナベカツノリ]
名古屋大学大学院環境学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(社会学)。現在、立命館大学衣笠総合研究機構准教授(特別招聘研究教員)。専門は医療社会学、相互行為論、歴史社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件