ディープラーニング、ビッグデータ、機械学習―あるいはその心理学

個数:

ディープラーニング、ビッグデータ、機械学習―あるいはその心理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月17日 17時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784788514225
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3011

内容説明

機械学習に未来はあるか?大量のデータを取捨選択し、意思決定を行っている人間に学びながら性能を向上させてきたディープラーニング。心理学からビッグデータサイエンスへの示唆とは?ビッグデータサイエンスから心理学へのフィードバックとは?機械学習の基礎知識を懇切に解説し、心理学の見地から展望する。

目次

第1章 プロローグ
第2章 第三次ニューロブーム前
第3章 巨人の肩
第4章 心理学の来し方
第5章 ディープラーニング
第6章 ビッグデータの心理学的解釈
第7章 心理学の現し世
第8章 心理学の行く末
第9章 エピローグ

著者等紹介

浅川伸一[アサカワシンイチ]
1962年千葉県銚子市出身。早稲田大学第一文学部卒、同大学大学院修了。博士(文学)。文教大学人間科学部助手を経て、東京女子大学情報処理センター。専門は、計算論的神経科学など。日本神経回路学会、日本認知科学会、IEEE computational intelligence society,Cognitive Science Society,Organization for Computational Neuroscience、他国内5学会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。