少子化時代の「良妻賢母」―変容する現代日本の女性と家族

個数:

少子化時代の「良妻賢母」―変容する現代日本の女性と家族

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 21時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 340,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788513945
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C1011

内容説明

なぜ日本の女性は結婚・子育てに前向きになれないのか?子育てにおける責任の重さ、協力的でない夫、世間の厳しい目、仕事を続けることの難しさ…「良妻賢母」もラクじゃない。母親へのインタビューの詳細な分析から探る、子どもをもって幸せに生きられる社会への処方箋とは。

目次

第1部(「良妻賢母」―文化的な文脈のもとでの子育てと家庭生活;研究の時間的・空間的な位置づけ)
第2部(「賢母」とは;反省―自己省察のプロセス)
第3部(子ども時代の記憶;夫たち―重要なパートナーか、周辺の他人か?)
第4部(しつけ―子育ての秘訣;子どもの学校教育への母親の関与;仕事と家庭生活のバランスをとる;女性と家庭生活―イデオロギー、経験、行為主性)

著者等紹介

ハロウェイ,スーザン・D.[ハロウェイ,スーザンD.] [Holloway,Susan D.]
1983年、スタンフォード大学から発達心理学と幼児教育の学位を取得。メリーランド大学、ハーバード大学を経て、現在、カリフォルニア大学バークレー校教育大学院教授。1980年以来、日本の家族と学校教育などに関する研究を続けている

高橋登[タカハシノボル]
大阪教育大学教授。専門:発達心理学・教育心理学

清水民子[シミズタミコ]
平安女学院大学名誉教授。専門:発達心理学・乳幼児保育論

瓜生淑子[ウリュウヨシコ]
奈良教育大学教授。専門:発達心理学・保育学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本女性の結婚や子育てに対する考え方・行動をインタビューを通し分析、子育てしながら幸せに生きられる社会への手がかりを探る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件