質的心理学の展望

個数:

質的心理学の展望

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月17日 19時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788513433
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C1011

内容説明

質的心理学を学び、実践するうえでの基本的問題とは?一貫して社会とつながる学問を探求してきた著者ならではの既成概念を打ち破る思索と実践にもとづく質的研究への誘い。

目次

1部 質的研究の意義とプロセス(フィールド研究のプロセス;研究デザインと倫理的配慮;心理学からみた質的研究)
2部 手法としてのフィールドワークとエスノグラフィ(フィールドワーク・クラスのエスノグラフィ;心理学で何ができるか―違和感分析への招待;現場に居ながらにして現場に入り込む方法としての違和感分析;文化心理学からみた現場を伝えるいくつかの工夫―セラピーの現場を考える;概念や尺度に惑わされない性格研究を)
3部 時間を重視する質的研究をめざして(複線径路等至性モデル―人生径路の多様性を描く質的心理学の新しい方法論をめざして;「社会と場所の経験」に向き合うためのサンプリング論再考―あるいはメゾジェネシスレベルの発生を描くということ;質的心理学の歴史)

著者等紹介

サトウタツヤ[サトウタツヤ]
佐藤達哉。東京都立大学大学院博士課程中退。博士(文学 東北大学)。福島大学行政社会学部助教授等を経て、立命館大学文学部教授/研究部長。専門は、応用社会心理学、文化心理学、心理学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MasakiZACKY

1
サトウタツヤが自身の経験や独自(?)の方法論を踏まえて質的心理学の展望について語った一冊。第Ⅰ部はよかった。質的心理学の方法論や意義、実験(量的)心理学の欠点などについて分かりやすくまとめてある。とは言ってもありがちな内容で、第Ⅱ部と第Ⅲ部が本著の特色だと思われるが、誰もがやっていることに「~分析」とか「~モデル」と名前を付けただけだった。さらに量的アプローチに対する文句が非体系的に散見され、ちょっと格好悪い感じになってしまっている。基本的には、質的心理学について事例も交えて幅広く学べる良書ではある。2013/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6853233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。