精神疾患言説の歴史社会学―「心の病」はなぜ流行するのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

精神疾患言説の歴史社会学―「心の病」はなぜ流行するのか

  • 佐藤 雅浩【著】
  • 価格 ¥5,616(本体¥5,200)
  • 新曜社(2013/03発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 104pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月12日 10時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 518p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788513341
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3036

内容説明

近代日本の“時代の空気”が見えてくる。神経衰弱、ノイローゼ、ヒステリー、そしてうつ病などの「心の病」は、いかにして“流行病”となったか。精神疾患をめぐる新聞記事などを丹念にたどり、専門家・メディア・大衆の欲望が織りなす言説のなかから、“人間”と“社会”の関係性を読み解く、気鋭の力作。

目次

第1章 精神疾患言説の歴史を分析するということ
第2章 明治の新聞における精神疾患言説―狂気と神経病をめぐって
第3章 帝国日本の神経病と神経衰弱―日露戦争以降の精神疾患言説
第4章 外傷性神経症概念の盛衰と心因論の興隆
第5章 高度経済成長の病―ノイローゼの時代
第6章 結論

著者紹介

佐藤雅浩[サトウマサヒロ]
1979年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了(博士、社会学)。慶應義塾大学非常勤講師、東京大学大学院研究員などを経て、2013年4月より小樽商科大学准教授。専門は歴史社会学、医療社会学、社会問題の社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件