日本人の利益獲得方法

個数:

日本人の利益獲得方法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月19日 18時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 193,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788513105
  • NDC分類 361.42
  • Cコード C1036

内容説明

出しゃばらず控え目にする、周りから推されて「断りきれずに」役職に就く、などの日本人の振る舞い方。その背後には、日常生活から社会文化、政治、経済までを貫く、独特の利益獲得方法がある。

目次

第1章 能動的利益獲得と受動的利益獲得
第2章 受利社会・日本、能利社会・アメリカ
第3章 能利は個人主義、受利は集団主義
第4章 現代日本社会の位置―受利社会から能利社会へ
第5章 能利社会と受利社会を可能とする条件
第6章 現在そして将来―能利/受利比率をどうするか
第7章 能利・受利という視点を持とう

著者等紹介

田中健滋[タナカケンジ]
1953年、北海道生まれ。東京大学理学部そして郷里の旭川医科大学を卒業。現在、電気通信大学保健管理センター長・教授。キャンパスにて精神疾患予防などのメンタルヘルス向上に力を注いでいる。医学博士、専門は精神病理学。第5回読売論壇新人賞入賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。