実践の中のジェンダー―法システムの社会学的記述

個数:

実践の中のジェンダー―法システムの社会学的記述

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月23日 14時25分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788512542
  • NDC分類 367.2

内容説明

ジェンダーの理解は実践のなかにある。実践に内在する合理性を描きだす…“自由意志”対“決定論”の躓きを超えて意味秩序をとらえる社会学的記述の全て。

目次

1部 社会秩序の記述(性現象の「社会」性;行為とコンテクストの相互構成的関係あるいは間接的言語行為について;社会システムの経験的記述;社会秩序の記述と批判)
2部 法的実践の中のジェンダー(法的推論と常識的知識;強姦罪における性的自由;被害者の意思を認定する;ポルノグラフィと「女性の被害」の経験)

著者紹介

小宮友根[コミヤトモネ]
1977年生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程修了。博士(社会学)。現在、日本学術振興会特別研究員(PD)。専攻:エスノメソドロジー/会話分析、ジェンダー論、理論社会学。現在は、法的実践を作りあげている「人びとの方法論」により近づいたところで研究をおこなうため、模擬裁判を対象にした相互行為分析などに着手している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)