ことばの前のことば―うたうコミュニケーション

個数:

ことばの前のことば―うたうコミュニケーション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 00時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 461,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788512061
  • NDC分類 143.08
  • Cコード C1011

内容説明

共鳴し、共感し、響きあう「並ぶ」関係からおのずとことばは生まれる―著者の原点を示す処女作『ことばの前のことば』と、同時期の関連著作および発展的論考を一書に集成。

目次

1 ことばの前のことば―ことばが生まれるすじみち1(この本の立場―現実を理解するための生きた心理学を;三項関係の形成;静観的認識のはじまり)
2 うたうコミュニケーション―関連する理論と方法論(うたうコミュニケーションとことば;共鳴してうたうこと・自身の声が生まれること;擬態語「スイスイ」の意味ネットワーク;ふれるということ―日本語の意味の心理学的分析;ピアジェ、ワロン、ウェルナー理論との関連;観察と記述のしかた)

著者等紹介

やまだようこ[ヤマダヨウコ]
山田洋子。1948年、岐阜市で生まれ、山と川のある風景を見て育つ。京都大学大学院教育学研究科教授、教育学博士。専門は、生涯発達心理学、ナラティヴ心理学、描画イメージの心理学、文化心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。