笑いを科学する―ユーモア・サイエンスへの招待

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788511262
  • NDC分類 141.6
  • Cコード C1000

目次

笑いの統一理論
1 笑いの文化を探求する(笑いの花咲く国へ―笑いの東西文明論序説;笑いと「純粋経験」;能・狂言と日本の笑い;日本の近代文学と笑い;エスニックジョークは社会の温度計;異文化コミュニケーションにおけるユーモアの役割;特別寄稿 笑いの生物学を試みる)
2 笑いと健康―ユーモアで元気になる!(ユーモアのまなざし―死と生と、癒しの人間関係を支えるもの;笑いの効果―健康医学からのアプローチ;アトピー性皮膚炎における笑いの医学的効果)
3 ユーモア・サイエンスの発進!(笑いとユーモアの心理学;「笑い」のトリオン・モデルと社会的リアリティの構成―「政治バラエティ番組」にみる信頼と不信のネットワーク力学;笑いの脳科学最前線―脳・神経研究にみる笑いとユーモアの社会・身体的基盤;aH(アッハ)を科学する―笑いの総合科学をめざして)

著者等紹介

木村洋二[キムラヨウジ]
1948年八戸市に生まれる。1977年京都大学大学院文学研究科(社会学専攻)博士課程修了。関西大学社会学部教授日本笑い学会副会長ユーモア・サイエンス学会会長関西大学ソシオン研究プロジェクト・ユニット主幹。2009年8月19日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。