生きられた法の社会学―伊丹空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか

個数:

生きられた法の社会学―伊丹空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月20日 06時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 219,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788510876
  • NDC分類 323.96
  • Cコード C3036

内容説明

大阪国際空港(伊丹空港)の中にある中村地区は、約150世帯400人の在日の人びとが暮らす、日本最大規模の「不法占拠」地域である。2002年、国と伊丹市によって移転補償が決定し、真新しい共同住宅へ集団移転することになった。中村地区の生活誌を丹念に掘り起こして人びとの「生きられた法」をすくいあげ、公共性を組み替える「寛容な正義」を説く。

目次

第1章 不法と剥き出しの生
第2章 「合法/不法」の脱構築と「正義」の再構築
第3章 「不法占拠」の系譜学
第4章 「不法占拠」地域の移転補償と公共性
第5章 法に組み込まれた「物語」
第6章 剥き出しの生にあらがう人びと
第7章 生きられた法

著者等紹介

金菱清[カネビシキヨシ]
関西学院大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。現在東北学院大学教養学部准教授、社会学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 「生きられた法」とは、国家の法による一元的な支配とは異なり、国民国家、民族、土地、労働、生活環境から何重にも締め出されながら、人びとが自らの規範に従って生活実践を集積することによって生成されていく、相対的に自律した独自の社会的制度体(秩序)である。日常の生活実践において獲得された論理や知識にあくまで準拠して「生きられた法」は生成されてきたのであり、それが実定法そのものを裏切って法を再生成していく。(「第1章」より)