ワードマップ<br> エスノメソドロジー―人びとの実践から学ぶ

個数:

ワードマップ
エスノメソドロジー―人びとの実践から学ぶ

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2019年05月22日 20時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788510623
  • NDC分類 361.16
  • Cコード C1036

内容説明

おしゃべり、授業、TV視聴、科学実験…現場を生みだす日常の「実践の論理」をこまやかに記述するエスノメソドロジー。基本を34のキーワードで学ぶ待望の入門書。「あたりまえ」から学ぶ社会学。

目次

1 エスノメソドロジーのアイデア―実践に学ぶ
2 エスノメソドロジーの論理―なぜ実践に着目しなければならないか(行為を理解するとは、どのようなことか;秩序があるとは、どのようなことか;合理的であるとは、どのようなことか;規範があるとは、どのようなことか)
エスノメソドロジーの記述―実践の記述に向けて(会話をする;会話における実践;ワークの実践;実践における理解)

著者等紹介

前田泰樹[マエダヒロキ]
1971年東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。社会学博士(一橋大学)。東海大学総合教育センター准教授。専門は、コミュニケーション論、医療社会学、理論社会学

水川喜文[ミズカワヨシフミ]
1964年広島県生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学修士(東京都立大学)。北星学園大学社会福祉学部教授。専門は、理論社会学(エスノメソドロジー・会話分析)、質的社会調査(高次脳機能障害、CSCWなど)

岡田光弘[オカダミツヒロ]
1960年千葉県生まれ。筑波大学大学院博士課程、体育科学研究科、単位取得退学。現在、国際基督教大学ほか非常勤講師。専門は、医療コミュニケーション論、ビデオ・エスノグラフィー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【目 次】
Ⅰ エスノメソドロジーのアイデア--実践に学ぶ
第1章 エスノメソドロジーのアイデア
Ⅱ エスノメソドロジーの論理--なぜ実践に着目しなければならないか
第2章 行為を理解するとはどのようなことか
第3章 秩序があるとはどのようなことか
第4章 合理的であるとはどのようなことか
第5章 規範があるとはどのようなことか
Ⅲ エスノメソドロジーの記述--実践の記述に向けて
第6章 会話をする
第7章 会話における実践
第8章 ワークの実践
第9章 実践における理解
小論 EMにおける実践理解の意味とその先にあるもの

 日常会話からはじまって、テレビでCMを見る、教室で学ぶ(/教える)、病院で診察を受ける(/診察する)、実験室で科学実験をする、法廷で評決を行うといったさまざまな実践にいたるまで、そこに参加している人たちは、実際に何らかの方法論を用いて、それぞれの実践を行っているはずだ。だったら、その「人びとの方法論」を研究して、実際にその方法論をとおして、さまざまな実践をみてみよう。つまり、エスノメソドロジーとは、それぞれの実践に参加している人びと(メンバー)が使っている「人びとの方法論」の名前であると同時に、それをとおして実践を記述する研究の名前なのです。(「はじめに」より)

----------------------------------------------------------

 【関連書籍】
 『 生によりそう「対話」』 土屋由美著 (定価2310円 2007)
 『 グラウンデッド・セオリー・アプローチ 』 才木クレイグヒル滋子著 (定価1890円 2006)
 『 フィールドワーク 増訂版 』 佐藤郁哉著 (定価2310円 2006)