知識から理解へ―新しい「学び」と授業のために

個数:

知識から理解へ―新しい「学び」と授業のために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月26日 21時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 317,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788507388
  • NDC分類 371.4
  • Cコード C1011

内容説明

「答えさがし」の勉強から「わかる」学習へ。学習の改革は、子どもが「学び」の楽しさと、仲間の力を発見するところから始まる。

目次

第1部 わからない状態と知識の取り込み(「わからない」とはどういう状態か;「わかった」感をともなう知識の取り込み)
第2部 理解を支え枠づけるもの(理解を支える経験・経験を整理することば;ひとについての理解を支え枠づけるもの)
第3部 思い込みとその克服(思い込みと「証拠」;既有ネットワークの「組み替え」を保証する授業とは;まとめに代えて―「わからない」から「わかった」へ、さらに「わかった」から「わからない」へ)

出版社内容情報

知識の教え込みに終始する「答さがし」の学習から理解することの楽しさを育む「わかる」学習へ。そのポイントはどこにあるか。授業をどう設計するか。心理学者としての研究と教師としての体験が渾然と融合して初めて書かれた「学習革命」のすすめ。

 ・産経新聞 2000.11.7
 ・「週刊金曜日」2000.12.1
 ・「論座」2001.4月号 湯浅俊夫氏評
 ・「季刊クライシス」86.10月 加藤一夫氏評