ポール・リクールの哲学―行動の存在論

個数:

ポール・リクールの哲学―行動の存在論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月26日 18時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 370p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788507371
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1010

内容説明

2000年度「京都賞」(思想・哲学部門)を受賞したポール・リクール。80歳を過ぎてますます旺盛な思索を展開する、今世紀最大の哲学者の多岐にわたる膨大な著作群を「行動の存在論」をキーワードに鮮やかに読み解く。

目次

序論 懐疑主義と対決して
第1章 哲学する―行動の存在論
第2章 行動する―公的空間
第3章 物語る―歴史とフィクション
第4章 証しする―『他者のような自己自身』
第5章 哲学の境界で―悪の躓きから聖書の「大いなるコード」まで
結論

著者等紹介

モンジャン,オリヴィエ[Mongin,Olivier]
1951年パリに生まれる。パリ大学に学び、1970年代後半より雑誌『エスプリ』の編集に携わり、1988年より同誌編集長。リヨン大学講師、セーヴル・センター講師を兼任。著書に『懐疑主義に対決して』(1993)、『1989年以後―新しい政治言語』(1998)など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。