パラドックスの社会学 (パワーアップ版)

個数:

パラドックスの社会学 (パワーアップ版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月19日 18時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 315,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788506350
  • NDC分類 361
  • Cコード C1036

内容説明

スウィングしなけりゃ社会学じゃない!社会生活のあらゆる側面にひそむパラドックスの発見をとおして、社会学する面白さ、その自由で逆説的な発想の切れ味を楽しむ本。

目次

序章 パラドックスのすすめ
第1章 パラドックスの類型学
第2章 現代社会のパラドックス
第3章 逆説としての文明

出版社内容情報

 信仰が殺人を生む,学校が人を無能にする,平和のために戦争する! 社会現象にひそむパラドックスを通して社会学とは何か,その発想と方法の特色を切れ味よく説いて好評を博してきた快著に,イキのいい話題を加え写真を多数挿入したパワーアップ版。

 いつでも常識は安逸を好む怠惰な精神と目に見えないところで手をむすんでいる。だが、社会学は常識のはらむパラドックスを一つ一つ発見し、あばき出していくことによって、常識にゆさぶりをかけ、そのうえに眠りこんでいる精神にショックをあたえる。常識破壊ゲームとしての社会学には、したがって、人間が自明なものとしてよりかかっているものが次第にあやういものとして立ちあらわれてくることから生じる「ゆらぎ」や「めまい」の感覚をともなうが、一方では「目からウロコが落ちる」爽快さと、常識の壁をつきぬけてその外側に出る自由の感覚がともなっている。そしてそれが社会学のダイゴミなのだ。(「序 章」より)

 ・「ソシオロジ」特集 私の大学教科書論―社会学 井上俊氏評

----------------------------------------------------------------

 【関連書籍】
 『 社会調査で何が見えるか 』 平松貞美著 (定価2520円 2006)
 『 現実の社会的構成 』 バーガー、ルックマン著 (定価3045円 2003)
 『 人間この信じやすきもの 』 T・ギロビッチ著 (定価3045円 1993)

 【新 刊】
 『 ワードマップ エスノメソドロジー 』 前田泰樹ほか編 (定価2520円 2007.8月)