脳から心へ―心の進化の生物学

個数:
  • ポイントキャンペーン

脳から心へ―心の進化の生物学

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2020年10月30日 13時43分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788505193
  • NDC分類 140
  • Cコード C1045

目次

第1部 問題のありか(こころ;心を自然にもどす ほか)
第2部 起源について(心理学の生物学的基礎;形と心―ダーウィンのプログラムを完成させる ほか)
第3部 提案―意識の理論に向けて(再認の科学;神経ダーウィニズム ほか)
第4部 調和をもとめて(主義の墓場―哲学とその主張;記憶と魂―愚かなる還元主義 ほか)
付 生物学なき心理学を批判する(物理学―現代のお化け;デジタル・コンピューター―誤ったアナロジー ほか)

著者等紹介

金子隆芳[カネコタカヨシ]
1928年東京生まれ。1952年東京文理科大学卒業(心理学専攻)。ひきつづき、ミズーリ州立大学大学院に学ぶ。筑波大学名誉教授、文学博士。専攻は実験心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 科学が心を解明できるという理由はなにか。物が実体の特定の配列であることはわかっている。同じようにして別の配列から心も出現するということである。本書は心についての事実を脳科学の新事実と結びつけながら、そのことについて論じる。話題は神経、コンピューター、知覚、言語、自我など、いろいろである。それらが互いにどんな関係にあり、意識とどういう関係にあるのかを考える。われわれの思考や推論そのものよりは、そのような高次の活動の基礎を論じる。要するに本書の目的は心の科学的説明の可能性を示すにある。(本文より)

 ・「日経サイエンス」98.5月号 特集「フレッシュマンにすすめる30冊」
 ・「毎日ライフ」95.8月
 ・読売新聞 95.6.11 田中三彦氏評

----------------------------------------------------------------

 【関連書籍】
 『 日常生活の認知行動 』 J・レイヴ著 (定価3780円 初版1995を復刊)
 『 心の神経生理学入門 』 K・シルバー著 (定価1785円 2005)
 『 大脳皮質と心 』 J・スターリング著 (定価1890円 2005)