新典社新書<br> コロポックルとはだれか―中世の千島列島とアイヌ伝説

個数:

新典社新書
コロポックルとはだれか―中世の千島列島とアイヌ伝説

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 127p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784787961587
  • NDC分類 388.11
  • Cコード C0220

内容説明

ただのおとぎ話と思われがちな、フキの下に住む小人「コロポックル」の伝説。しかし、日本の中世説話やアイヌのカムイ・ユーカラなど様々な史料をもとにコロポックルの原像をたどっていくと、そのモデルともいうべき北千島アイヌの成り立ちと、かれらの変わった習俗が浮かび上がってくる。小人伝説の謎解きをしながら、知られざるアイヌの歴史、また中世千島の実像にも光をあてる、新しいコロポックル論。

目次

1 アイヌの小人伝説を読む
2 伝説の変容を考える(小人名称の変化;イレズミ伝承の成立;ユーカラとの融合)
3 伝説の起源を考える(古相の伝説の特徴;小人島とオオワシ;土鍋と竪穴住居;欠落するアイヌとのコミュニケーション;小人伝説を知らないアイヌ)
4 アイヌの千島進出(近世前の千島列島;「中世的千島」と「近世的千島」)
5 小人とはだれか(北千島アイヌの交易と交流;小人伝説の成立とその後)

著者等紹介

瀬川拓郎[セガワタクロウ]
1958年1月1日札幌市に生まれる。1980年岡山大学法文学部史学科卒業。専攻は考古学。博士(文学・総合研究大学院大学)。現職、旭川市博物科学館主幹(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。