新典社研究叢書<br> 国語学史の探求

個数:

新典社研究叢書
国語学史の探求

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月21日 14時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787942319
  • NDC分類 810.12
  • Cコード C3381

目次

1 近代(橋本文法の「文」「文節」の考へ方とヨーロッパ言語学説;橋本進吉博士の「国語学史概説」の講義ノート;昭和六年度東大文学部に於ける橋本進吉博士の「国語学史概説」講義の鈴木朖・本居春庭に関する部分;言語過程説の生成;詞に属する敬語についての私見;受身の形につく謙譲語の「聞ゆ、奉る」について―源氏物語の用例による;(不)文化審議会の敬語五分類とそれに対する私見)
2 近世(『漢字三音考』の本旨―ンノ韻の問題にふれて;本居宣長の仮名遣と歌学・古学;『古代国語の音韻に就いて』にみえる宣長の「神」の説;本居春庭の「詞、てにをはの係り受け」について;『詞八衢』について;柳園叢書一『言語四種論・活語断続譜』の刊年、その他について;草鹿砥氏旧蔵、名古屋市立鶴舞中央図書館本『古言別音抄』)
3 余論(稲葉通邦の真福寺本古事記研究と本居宣長;『古事記伝』に引用された真福寺本古事記について)

著者等紹介

尾崎知光[オザキサトアキラ]
大正13年1月25日名古屋市に生まれる。昭和24年3月東京大学文学部国文学科卒業。専攻は国語学史・国学、古代文学。現職愛知県立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。