生殖と周産期のリエゾン―生殖医が知っておくべきこと、産科医ができること

個数:

生殖と周産期のリエゾン―生殖医が知っておくべきこと、産科医ができること

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月22日 19時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 218p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784787824264
  • NDC分類 495.48
  • Cコード C3047

目次

第1章 生殖医療と周産期医療の連携をどのように考えるのか?
第2章 不妊の背景因子と周産期予後
第3章 内科的・外科的疾患における妊孕性と周産期予後の問題
第4章 高度生殖技術が周産期予後に及ぼす影響
第5章 周産期医療における問題:生殖医療との関連
第6章 臨床現場での生殖医療と周産期医療の連携
第7章 ガイドライン、法律、倫理など
第8章 将来に向けた研究