実地医家と研修医のための消化管病学

個数:

実地医家と研修医のための消化管病学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 251p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784787813527
  • NDC分類 493.4
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 



序文
 本書は恵愛堂病院創立20周年を記念して,われわれが経験した興味深い消化
管疾病83症例を実地医家の日常診療に役立つように編集,記述したものである.
ここに収録した症例は,1例を除いて総てわれわれグループの自験例であり,
過去30年間にわたって集収したものである.例外の1例は,桐生医師会理事
大澤英夫博士のご好意によりご提供頂いた,貴重な胃原発クローン病の症例で
ある.これらの症例は長期間にわたって集めたものなので,昔の症例から最近
の新しいものまであるが,食道から直腸までの全消化管に発生する多数の症例
から厳選した83症例であり,恐らく読者諸氏が遭遇したことがない症例も多数
含まれていると思われる.通読していただければ,消化管に発生するおもな病
変を知ることができよう.主要な疾病には解説を加えた.
 胃癌がどのように生育してくるのか,retrospectiveに追跡し得た写真をのせ,
その初期像を示した.胃癌の生育進展過程を知ることは興味深くもあり,かつ
微小な胃癌の初期病変を知れば,胃癌の早期診断のみならず,内視鏡的治療に
も役立つと考えられる.悪性リンパ腫,胃ホジキン病,胃カルチノイドの経過
もみることができる.
 日常診療では,吐血に遭遇することはたびたびある.そのようなときに,ど
のように対処したらよいのか,具体的にわれわれが行っている止血法を示した.
また,内視鏡的ポリペクトミーや粘膜切除術についても技術的根拠を示した.
病気の名を知っていても,実際に経験していないとその疾病は理解し難く,偶
然遭遇しても診断がつかないこともある.昔から「百聞は一見にしかず.」と
いわれている.この小冊子には症例のX線,内視鏡,肉眼標本,病理組織の画像
を数多く載せてあるので,実地医家を始め,専門分野を異にしている医師,研
修医,医学生の入門書にもなると思われる.一人の医師が一生かかっても経験
できる症例は限られているので,目で見られるこれらの症例は参考になるので
はなかろうか.著者らは症例からこれまでに色々学ぶことができた.恐らく読
者もこれらの症例から学ぶことができると思われる.
 症例収集にご協力いただいた先生方のお名前を本書の冒頭に挙げさせていた
だき,心からの感謝と敬意を表する次第である.本書が日常の診療に多少なり
と役に立てば,われわれにとって望外の幸せである.
東郷庸史/大木一郎    

《目次》
目次

I.食道
 A 食道の組織構造
 B 食道の疾病
 C 食道のおもな疾病
  1 食道癌
  2 横隔膜ヘルニア
  3 逆流性食道炎
  4 びまん性食道痙攣
  5 噴門痙攣症
  6 下部食道輪
  7 全身性進行性硬化症
  8 憩室症
  9 Patterson-Kelly症候群
  10 良性腫瘍
  11 食道破裂
  12 Mallory-Weiss症候群
  13 異物
  14 食道感染症
  15 胃食道逆流症(GERD)
  16 dysphagia lusoria
 ■食道病変の症例
  1 0-IIc型食道癌
  2 0-IIb型食道癌
  3 Barrett食道癌
  4 食道気管支瘻
  5 食道平滑筋腫
  6 Behcet病
  7 食道脂肪腫
  8 Zenker憩室
  9 食道アカラシア
  10 食道乳頭腫
  11 食道カンジダ症
  12 食道異物
  13 食道静脈瘤

II.胃
 A 胃の組織構造
 B 胃のおもな疾病
  1 胃癌
  2 胃潰瘍
  3 ポリープ
  4 胃粘膜下腫瘍
  5 胃炎
  6 急性胃拡張
  7 胃軸捻転
  8 胃憩室
  9 胃穿孔
  10 胃粘膜橋
  11 血管形成不全症
  12 胃感染症
  13 胃への転移性癌
  14 その他
 C 胃癌
 ■胃癌症例
 14 胃癌の自然経過,prospectiveに観察し得た胃癌2症例
 15 0-I型胃癌(隆起型早期胃癌)
 16 1型胃癌(Borrmann1型)
 17 0-IIa型胃癌(IIa集簇型)
 18 微小IIa型(孤立型)
 19 微小IIa病変の経過
 20 胃腺腫から1型胃癌になるまで,12年と337日間prospectiveに追跡し
    得た症例
 21 IIb病変からびらんを経て悪性サイクルを示した症例
 22 微小胃癌と考えられた病変をさらにretrospectiveに追跡し得た症例
 23 長期間の経過をretrospectiveに観察し得たIIc型胃癌症例
 24 PEN型胃癌
 25 IIc型胃癌
 26 非典型的IIa集簇型胃癌
 27 IIc型早期胃癌
 28 疣状胃炎に合併したIIb型早期胃癌
 29 IIb型早期胃癌,胃炎癌
 30 未分化型胃癌の診断
 31 5重胃癌
 D 胃潰瘍
  1 歴史
  2 Stress-induced ulcer
  3 Drug-induced ulcer
  4 Dieulafoy潰瘍
  5 消化性潰瘍の成因についての最近の考え方
  6 ヘリコバクターピロリ
  7 炎症
  8 胃液の成分と働き
  9 胃液分泌調節機構
  10 消化管ホルモンの働き
  11 胃粘膜防御機構
  12 胃潰瘍の深達度診断
  13 胃潰瘍の時相
14 胃潰瘍の出現部位
15 ヘリコバクターピロリ除菌法
16 吐血,胃および十二指腸潰瘍からの出血止血法
 ■消化性潰瘍の症例
  32 出血性十二指腸潰瘍
 E 胃ポリープ
  1 胃ポリープの分類
  2 胃ポリープの癌化について
  3 ポリペクトミー理
 ■ポリープ,ポリポーシスの症例
  33 腺腫が癌化した症例
34 1つの過形成性ポリープの中に分化型と未分化型癌が共存していた症例
35 胃腺腫が癌化した症例
36 内視鏡的ポリペクトミーで大出血を起こした症例
  ●消化管ポリポーシス
37 Peutz-Jeghers症候群
38 Cronkhite-Canada症候群
●その他の消化管ポリポーシス
  ●家族性大腸腺腫症
  ●Gardner症候群
  ●Turcot症候群
  ●Zanca症候群
 F 胃粘膜下腫瘍
 ■胃粘膜下良性腫瘍の症例
39 迷入膵,異所性膵組織
40 胃・炎症性類線維性ポリープ,好酸球性肉芽腫
41 胃嚢胞,胃リンパ管種,食道リンパ管種,大腸リンパ管腫
42 胃平滑筋腫
43 胃脂肪腫
 ■胃粘膜下悪性腫瘍の症例
  44 胃平滑筋芽細胞腫
45 胃平滑筋肉腫
46 Gastrointestinal stromal tumor (GIST)
47 悪性リンパ腫
48 胃Hodgkin病
49 回盲部の悪性リンパ腫
50 消化管カルチノイド
 G その他の胃病変
51 胃および大腸の血管形成異常
52 Zollinger-Ellison症候群
53 転移性絨毛上皮癌
54 急性胃粘膜病変
55 アニサキス症
56 胃粘膜橋
57 胃クローン病

III.小腸
 A 小腸の組織構造
 B 小腸の機能
  1 炭水化物の消化
  2 タンパク質の消化
  3 脂肪の消化
  4 Na,Ca,Fe,水溶性ビタミンの吸収
 C 吸収不良の診断に役立つ試験と検査
 D 小腸の疾病
 E 小腸のおもな疾病
  1 ブルンネル腺肥厚,ブルンレル腺過形成
  2 腸間膜根圧迫症候群
  3 Crohn病
  4 腸管嚢腫様気腫症
  5 小腸の狭窄性潰瘍
  6 腫瘍
  7 Whipple病
  8 Kohlmeier-Degos病
  9 スプルー
  10 乳糖分解酵素欠乏症
11 低γグロブリン血症
12 ランブル鞭毛虫症
13 吸収不良症候群
 ■小腸病変の症例
  58 ブルンネル腺過形成性隆起
59 十二指腸ブルンネル腺過誤腫
60 Malignant melanomaの十二指腸球部転移例
61 空腸にみられた小腸癌の症例
62 ランブル鞭毛虫症
63 十二指腸および大腸に病変がみられたCrohn病症例
64 大腸のCrohn病症例:潰瘍形成型

IV.大腸
 A 大腸の組織構造
 B 大腸の疾病
 C 大腸のおもな疾病
  1 大腸癌
  2 良性上皮性腫瘍
  3 大腸悪性リンパ腫
  4 大腸カルチノイド
  5 潰瘍性大腸炎
  6 虚血性大腸炎
  7 腸管感染症
  8 抗生物質起因性腸炎
  9 過敏性腸症候群
  10 憩室,憩室症,憩室炎
11 急性結腸偽閉塞症
12 閉塞性大腸炎
 ■大腸病変の症例
65 直腸の1型大腸癌
66 下行結腸にみられたI型大腸癌
67 2型直腸癌
68 4型直腸癌
69 直腸にみられた平坦陥凹性病変が3か月で平坦隆起性腺腫内癌に移行し
た一例
70 潰瘍性大腸炎に直腸癌を合併した症例
71 大腸ポリープ
72 全結腸型潰瘍性大腸炎
73 虚血性大腸炎
74 脂肪腫
75 大腸平滑筋腫
76 腸管嚢腫様気腫症
77 腸管型ベーチェット病
78 大腸アミロイドーシス
79 孤立性直腸潰瘍
80 赤痢アメーバ
81 キャンピロバクター腸炎
82 虫垂重積,虫垂粘液嚢腫,虫垂粘液嚢胞腺腫
83 大腸憩室症
 ■索引