公式組織の機能とその派生的問題〈下巻〉

個数:

公式組織の機能とその派生的問題〈下巻〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月18日 02時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 355,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787796110
  • NDC分類 361.6
  • Cコード C1036

目次

第二段階における公式化の機能(序列の問題;責任と責任事項;コミュニケーション・ネットワークの公式化;指導者と上司 ほか)
公式組織における協働(公式性と実際の行為;期待構造と社会的接触の構造;公式的な役割と非公式的な役割の分離;状況の固有性 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷほは

2
上巻はホントにルーマンが書いたのか?という位に分かりやすい話であり、内/外のシステム要件を恒常性維持に置いている完全にパーソンズに乗っかった理論にも関わらず、その後の分析に登場する具体的な事例がどう考えても行政官としての本人の経験ありきで書かれているため、別の意味でルーマンらしさが出ているという、他の訳書にはない特徴がある。下巻だと議論は迂回を重ねるためいつものように追いにくくなり、また翻訳の問題や誤字・脱字も多いためツラくなってくるが、初期はこんなことも書いてたんだなぁという感慨には浸らせてくれるかな。2019/02/20

Max Brown

0
初期ルーマン。機能分析の凄まじい威力。要再読。2013/06/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/161782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。