弥生文化のルーツは出雲だ―倭韓連合国家論

個数:

弥生文化のルーツは出雲だ―倭韓連合国家論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784787792181
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C1021

内容説明

建国記念日は韓神の祭。邪馬台国は出雲だった。そして出雲王朝は馬韓の分国だったなどの大胆な仮説を、竜蛇をめぐる日韓神話などにより論証しながら、古代日本の実像にせまる出雲王朝論第4弾。

目次

1 建国の祖神は?―建国記念日見通しの論理
2 薗の神考―建国の謎に迫る
3 日本は「馬韓」の分国だった?―出雲朝廷・大国主の真姿に迫る
4 出雲と新羅をつなぐ信仰と言葉―神在月の秘められた意味
5 出雲の神議り哲学の探求―多数決原理に代る新理念
6 邪馬台国=邪烏弥馬国説について―ヤマタイ国論争を見直す
7 神奈備山の謎に迫る―『出雲国風土記』が示唆するもの