十七年目のトカラ・平島

個数:

十七年目のトカラ・平島

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月10日 05時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787763082
  • NDC分類 916
  • Cコード C1039

内容説明

奄美大島で出会った風物と人間にかなしばりにあい、いつか南の島で暮すことを夢想するナオ。彼は、奄美の北、トカラ諸島の中ほどの平島に渡った。その島を三十五歳の時に“脱け出す”ことを試みるが、十七年後に再び島に“戻る”ことになる。―たくまざるユーモア、人間味あふれる島の人と暮らしを活写して、現代文明を反照する、ナオ会心の私記録。

目次

あの“事件”の真相が知りたくて
十七年後に返された千円の出資金
「ホンを書く人じゃなかけ?」
ヤマンカ祭りの夜
黄ばんだ一冊の本
「ナオはよかテゴ作りしちょんなあ」
「オイは『否!もう居いやならんで出っが』て言うた」
マグミの魚
テゴ作りの加勢
貴子に神様がのりうつる〔ほか〕