山深き遠野の里の物語せよ

個数:

山深き遠野の里の物語せよ

  • 菊池照雄
  • 価格 ¥1,848(本体¥1,680)
  • 梟社(1989/06発売)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 05時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784787763006
  • NDC分類 382.122
  • Cコード C1039

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

37
再読。『遠野物語』を遠野の内側の眼から読み直した一冊。白眉は「山に消えた娘たち」で、鉄砲に撃たれた山女が佐々木喜善の叔母だったり、彼女が有名な二十二話の狂女だったりと意外な関係性が次々に明らかにされる。また毒茸で全滅した長者の娘が昭和まで生存していたり、ザシキワラシの目撃談が昭和三十年代にあったり、とその後についても詳しい追跡調査がなされている。最後は物語を語らざるを得なかった遠野という地について述べられており、『遠野物語』が現在の書物である事を証明した本。『遠野物語』を読んだ人は必読の一冊と言える。2013/04/13

紅独歩

1
「遠野物語・三話」に登場する猟師に撃ち殺される山女は、実は話者・佐々木喜善の大叔母である。八話の「寒戸の婆」は柳田の聞き間違いで本当は「登戸」、しかも帰ってきたのは一度ではなく毎年だった等、「実録・遠野物語」とも言うべき書。山師や瞽女のもたらした影響の検証も興味深い。2010/04/01

天茶

0
17p

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/348491

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。