オホーツクの古代文化―東北アジア世界と北海道・史跡常呂遺跡

個数:

オホーツクの古代文化―東北アジア世界と北海道・史跡常呂遺跡

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月22日 10時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787724014
  • NDC分類 211.1
  • Cコード C1021

出版社内容情報

海を越えていくつもの文化が交錯し発展を遂げたオホーツク海沿岸の地は、北海道の歴史を考える上で欠かすことができない。史跡常呂遺跡を中心に、オホーツクの古代文化を追究した東京大学常呂実習施設50年の歩みとともに、住居跡、狩猟・漁労具、人骨、土器のおこげなど、様々な資料を駆使した最新の研究成果を紹介する。

内容説明

北の海に暮らした古代人の足跡。オホーツク海沿岸の地上に残された無数の窪みは、古代文化の宝庫だった。海を越えていくつもの文化が交錯し発展を遂げた、北辺の歴史をさぐる。

目次

北の海に暮らした人びと(旧石器文化;縄文・続縄文文化;道東部のオホーツク文化;擦文文化からアイヌ文化へ)
東北アジア世界と北海道(東北アジアからみたオホーツクの古代文化;常呂川下流域の古環境 ほか)
東北アジア考古学と常呂(東京大学と東北アジア考古学;東京大学と常呂の出会いとあゆみ;常呂実習施設の発掘調査の歴史と研究成果)
常呂の遺跡とともに(大学と地域連携―東大文学部と常呂実習施設の取り組み;文化財の保存活用と地域連携;世界遺産と地域連携;史跡常呂遺跡の整備)