シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 原始集落を掘る 尖石遺跡 (改訂版)

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
原始集落を掘る 尖石遺跡 (改訂版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 11時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787722447
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

出版社内容情報

地元の研究者・宮坂英弌による遺跡の解明と保存活動の軌跡をたどりながら、自由奔放で勇壮な精神あふれる土器群を残した長野県八ヶ岳西南麓の縄文人たちの生活にせまる。改訂版では、尖石遺跡のとなりにある与助尾根遺跡と合わせて新たにわかってきた縄文集落の姿を解説。

内容説明

自由奔放で勇壮な精神あふれる土器群を残した八ヶ岳西南麓の縄文人たち。彼らの生活を知りたいと、竪穴住居址の発掘、縄文集落の解明、そして遺跡の保存へと、みずからの生涯を賭けた地元の研究者・宮坂英弌の軌跡をたどり、縄文集落研究の原点とその重要性を熱く語る。

目次

第1章 尖石物語(縄文のふるさと;開墾の鍬と尖石遺跡 ほか)
第2章 尖石遺跡の発掘(炉址をねらえ;竪穴住居を掘る ほか)
第3章 原始集落の復原(与助尾根遺跡の発掘;縄文集落の復原 ほか)
第4章 特別史跡・尖石遺跡の今と未来

著者等紹介

勅使河原彰[テシガワラアキラ]
1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒業。文化財保存全国協議会常任委員。第2回尖石縄文文化賞、第13回藤森栄一賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。