シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 西南戦争のリアル―田原坂

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
西南戦争のリアル―田原坂

  • 提携先に19冊在庫がございます。(2022年01月17日 03時56分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787721334
  • NDC分類 210.627
  • Cコード C1021

出版社内容情報

明治維新の総仕上げ、国内最後の内戦となった西南戦争。その最大の激戦となった田原坂の戦いは従来、伝聞や伝承などのイメージばかりが先行して、戦いの実相はよくわかっていなかった。考古学的調査などから具体的な戦いの実態をあぶり出し、リアルな田原坂を追究する。

目次

第1章 西南戦争とは何か(近代国家確立の礎;西南戦争の時期区分 ほか)
第2章 最大の激戦地、田原坂(熊本城救援の道;田原坂の戦い)
第3章 田原坂を掘る(さまざまな調査;両軍衝突の最前線 ほか)
第4章 地形で勝ち、地形に負ける(地形を読み解く;難攻不落、田原坂の実体)
第5章 そして、音は消えた(田原坂にまつわる虚と実;イメージからリアルへ)

著者等紹介

中原幹彦[ナカハラミキヒコ]
1957年、熊本県生まれ。國學院大學文学部卒業。現在、熊本市立熊本博物館学芸員。考古担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。