シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 西南戦争のリアル―田原坂

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
西南戦争のリアル―田原坂

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年03月01日 16時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787721334
  • NDC分類 210.627
  • Cコード C1021

出版社内容情報

明治維新の総仕上げ、国内最後の内戦となった西南戦争。その最大の激戦となった田原坂の戦いは従来、伝聞や伝承などのイメージばかりが先行して、戦いの実相はよくわかっていなかった。考古学的調査などから具体的な戦いの実態をあぶり出し、リアルな田原坂を追究する。

目次

第1章 西南戦争とは何か(近代国家確立の礎;西南戦争の時期区分 ほか)
第2章 最大の激戦地、田原坂(熊本城救援の道;田原坂の戦い)
第3章 田原坂を掘る(さまざまな調査;両軍衝突の最前線 ほか)
第4章 地形で勝ち、地形に負ける(地形を読み解く;難攻不落、田原坂の実体)
第5章 そして、音は消えた(田原坂にまつわる虚と実;イメージからリアルへ)

著者等紹介

中原幹彦[ナカハラミキヒコ]
1957年、熊本県生まれ。國學院大學文学部卒業。現在、熊本市立熊本博物館学芸員。考古担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雨巫女。@新潮部

11
《私-図書館》田原坂は、意外と違い。しかし、心霊スポットでも、有名。乃木さんや西郷隆盛さんが、好きで、やはり、ターニングポイントだと思ってる。2022/08/06

うしうし

4
あまり興味のない時代や分野であったため、斜め読み。しかしながら、西南戦争の調査に考古学が大きな役割を発揮することを実感。地表・地下のみならず、立木にも銃弾が撃ち込まれていることが調査で確認されたことも興味深い。いわゆる「かちあい弾」などから想定される歴史のイメージに変更を迫り、リアルな歴史像を求める研究姿勢にも敬意を払いたい。 *本書でも十分語られているように、銃弾などの遺物は出土地や出土状態が明らかであることが大切であるため、単なる個人的な興味や趣向で遺跡を訪れ、銃弾などを持ち帰ることは厳に慎むべき。2022/05/03

onepei

2
田原坂に行ったときには下をよく見ながら歩きたいと思う2022/03/06

Jirgambi

1
西南戦争の考古学的成果。興味深い事この上なし。内容も西南戦争初心者にも易しい。現物は資料記録とは別の方法で事実を語っている感、読んでて半端ない。もしかして、これを頼りに自分も田原坂へ行ったら、まだまだ銃弾等々を発掘できる可能性がある…? 俄然、スコップ片手に田原坂を訪れたくなった。2022/01/28

卍ザワ

0
田原坂のフィールドワーク、及び解説。小冊子、現地の解説が主だが、少しわかりにくかった。地元になるから、本書を手に、実際に現地を確認してみたい。2024/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18817968
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。