シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 吉備の超巨大古墳―造山古墳群

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
吉備の超巨大古墳―造山古墳群

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月16日 23時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787720382
  • NDC分類 217.5
  • Cコード C1021

内容説明

岡山市の西、足守川流域から総社平野にかけては、古墳時代から古代の重要な遺跡が密集する吉備の中心地だ。この地に列島第四位の墳丘長を誇る吉備の大王墓、造山古墳がある。畿内の古市・百舌鳥古墳群の巨墳に比肩する超巨大古墳の実像に迫る。

目次

第1章 超巨大古墳がなぜ岡山に?
第2章 みえてきた陪塚のすがた
第3章 千足古墳の発掘
第4章 造山古墳の発掘
第5章 だれが埋葬されているのか?
第6章 吉備政権を支えた人びと

著者等紹介

西田和浩[ニシダカズヒロ]
1977年、愛媛県宇和島市に生まれる。岡山大学大学院文学研究科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うしうし

4
5世紀前半に構築された造山古墳とその周辺の古墳群の最新調査成果を紹介した書籍。千足古墳(造山6号墳)は直弧文のある石障が損傷したのを機に発掘が行われ、第2石室を新たに確認。古くから知られていた第1石室は九州との関係が深い。榊山古墳(造山1号墳)は朝鮮半島との繋がりが深い馬形帯コウや龍文透金具が出土(p63~64)。また、5世紀後半の方墳である第2号墳からは謎の埴輪列が検出されている(p25)。造山古墳ビジターセンターも開館しているらしいので、いつか訪れてみたい。2021/05/28

坂津

2
墳長約350mで全国第4位の規模、宮内庁に治定されておらず立ち入りが自由な古墳としては最大の前方後円墳、造山古墳。吉備の地に何故これほど巨大な古墳が築造されたのか。埋葬施設が発掘されている千足古墳や榊山古墳などの陪塚の副葬品や石室の性質から、九州や朝鮮半島とのネットワークを築きつつ、畿内の倭王権との関係も良好な被葬者の姿が浮かび上がってくる。2020年11月発行であり、最新の発掘成果だけでなく、2018年の西日本豪雨による墳丘の崩壊や、2020年4月に開館したビジターセンターについても言及されている。2021/03/10

kaz

0
そもそも岡山県にこれほど巨大な古墳があるとは、全然知らなかった。図書館の内容紹介は『岡山市の西、総社平野は古墳時代から古代の重要な遺跡が密集する吉備の中心地。この地に列島第4位の墳丘長を誇る吉備の大王墓、造山古墳がある。畿内の古市・百舌鳥古墳群の巨墳に比肩する超巨大古墳の実像に迫る』。2020/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16778513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。