13歳からの考古学<br> なんで洞窟に壁画を描いたの?―美術のはじまりを探る旅

個数:

13歳からの考古学
なんで洞窟に壁画を描いたの?―美術のはじまりを探る旅

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2021年09月27日 16時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787720276
  • NDC分類 K235
  • Cコード C0021

内容説明

秋山理乃は歴史が大好きな中学1年生。高校の世界史の先生だったキシローじいちゃんと東京で開かれた「ラスコー展」に行って、謎深い洞窟壁画の魅力にすっかりはまってしまう。そして、キシローじいちゃんの教え子で、洞窟壁画の研究者のタバタさんの案内で、フランスに本物の洞窟壁画を見に行くことに。旧石器時代の壁画を見た理乃は、なんで大昔の人はわざわざ真っ暗な洞窟に壁画を描いたのか、という疑問で頭の中がいっぱいになる。帰国後も、タバタさんとじいちゃんの協力のもと、文化祭で発表する「美術のはじまり」というテーマの答えを求めて、理乃の奔走は続く…。

目次

プロローグ はじめての文化祭を終えて
第1章 洞窟壁画って何?
第2章 春休みのフランス旅行1―ボルドーとヴェゼール渓谷
第3章 春休みのフランス旅行2―レゼジーとパリ
第4章 動物と人間の違いって何?
第5章 文化祭に向けてのアイディアをまとめる
エピローグ―10年後の野外調査

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

82
13歳の理乃が元歴史教師の祖父と洞窟壁画の研究者タバタさんの案内で、フランスのラスコー4やヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群の世界遺産を訪れ、何のために洞窟壁画を描いたのか、そもそも人間が美術を制作するのはなぜかという疑問に突き当たる。パリの人類博物館、茅野市の尖石縄文考古館も訪れ、旧石器時代のヴィーナス像の世界的共通性なども絡めて、人間にとって視覚シンボル・象徴とは人間が社会的生き物であり、コミュニケーションの役割も大きかったという指摘は、考古学、美術、行動生態学に及ぶ重要な観点で深い読み物である。2021/02/20

Bridge

10
美術の教科書や世界史の教科書で必ず目にするラスコーの壁画。実はラスコーだけでなく、ヨーロッパ各地に洞窟壁画があること、描かれた動物が時代によって違うこと、具象画だけでなく抽象的な図案ものこされていること、などなど初めて知ることが満載。 ヴェゼール渓谷へ、そして「ラスコー4」に行ってみたい! 巻末には「洞窟・施設・博物館案内」あり。2021/05/13

ぽけっとももんが

8
わたしも「ラスコー展」行ったんだ。再現された洞窟に驚いた。いつも短い旅程なので時間が足りなくて、駆け足で見たのが未だに残念。でも見られて本当によかった。さて、洞窟壁画とは、誰が何のために描いたのか。そもそも絵とは、美術とは何か。中学生の理乃ちゃんが、学んだこと、疑問に思うことを小札に書き留め、それを最後にまとめていくやり方で読むわたしたちも理解を深めていく。ただ、このまさに内容そのもののタイトルはわかりやすいことこの上ないけれども、ちょっと安易すぎやしませんか。2021/07/04

Book shelf

4
13歳からの考古学シリーズ。中学生向けの小説です。研究者が実際に関わっていると思われ、内容は実にマニアックですが、中学生向けなので当然読みやすい。 今回のテーマは洞窟壁画と人類と原始美術。主人公は歴史部で文化祭での発表ネタを探し、ラスコー展にいくところから始まる。そこで人類とは?洞窟壁画とは?という疑問がわき、最終的にシンボルとは?人間と動物とどう違うのか?まで思考は展開。広範囲に広がるばかりの疑問をどうまとめるのか? 途中、洞窟壁画の解釈についての具体的な内容がでてくるのが特徴。大人がよんでも面白い2021/07/03

pepe

0
おじいちゃんと孫はなかなかうらやましい旅をしている。孫は哲学者向きか。2021/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17267312

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。